アラサーのおひとりさまが難病と乳がんになりました。

アラサー独身女のIgA血管炎&IgA腎症と乳がんの闘病記録

あっという間であと残り2日。

あっという間に実家での生活もあと2日になりました。

 

気持ち的には

 

なっちゃいました

 

という感じ。

 

ある程度、長い期間過ごすと、

実家にいるのに慣れてしまって、帰るのが嫌になっちゃう。

 

本来の予定はあと1週間いる予定だったので

予定通りだったら

本当に帰りたくなくなっていたんじゃないかなぁ

って考えてしまいました。

 

毎回帰省するたびにこういうこと考えちゃいます。

 

本当は病気にならなければ

数年以内には地元に帰ってくる予定でいました。

 

でも家族で話し合った結果、

IgA血管炎とIgA腎症の治療を考えると、

専門科がある今の病院で治療するのがいいだろうと、

東京に残って治療を進める道を選びました。

 

そうしているところでのがんの発覚。

 

がんだけだったら

戻って来いって言うんだけどね

って親も言ってくれました。

 

先日会った地元で看護師をしている親友も

乳がんだけならこっち戻ってきたらって言うんだけどね

って言ってくれたんだけど…

 

やっぱりIgA血管炎とIgA腎症を考えると

今の病院の方がいいんじゃないかなって

アドバイスをくれました。

 

親友は今年度で今の病院を退職して

実家に戻る予定なので

もう頻繁にも会えなくなりそうで。

 

地元でのんびり会うのもこれが最後かな…

と思うと寂しくなりました。

 

中学で転校してきて仲良くなってからずっと仲良し。

 

毎年嵐のコンサート行ったり、

野球観戦にあちこち旅行したり。

そして帰省したら、お決まりで毎回ご飯行って語って。

 

祖母が救急車で運ばれた時は

親友の病棟だったから何かと声かけてくれて心強かった。

 

私が去年病気になった時も

がんがわかった時も

たくさん心配してくれたし

たくさん話聞いてもらって

本当にたくさん助けてもらいました。

 

今回も自分の専門じゃないからって

外科の先生にいろいろ聞いてくれたりして

本当に心強かった。

 

私のこの後の治療次第だけど

野球観戦に東京遊びに来る予定だから

今年も一緒に野球観戦は行けそうだけど

今回の帰省ではこれが1番さみしい。

 

でも親友もこの先の生き方を考えた末での決断と聞いて

私の終活と一緒だと思った。

 

後悔をしない人生のための選択。

 

私も改めて感じました。

 

明日は幼稚園からの幼なじみとごはん。

数年ぶりだけど病気のことは話しておきたい友達なので。

 

友達と会うことも後悔はしないように過ごさないとね。

 

 

Twitterで更新のお知らせをしています♪

ぜひフォローしてくださいね(*'▽')

 

ブログランキング参加してます

1日1クリックして応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ
にほんブログ村


乳がんランキング


腎臓・尿・膀胱の病気ランキング

 

AmazonPrime 30日間無料体験はこちらから♪